上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネタバレ全開でフェアリーテイルレクイエムのレビューでも書きます。
追記の所からネタバレのところを書くので、最初は紹介程度で 興味を持ってもらえれば是非どうぞ


一気に全部書くと疲れそうだからこまめに追記してくわw

共通√はキャラとのゴアイサツと楽園の設備についての説明
お茶会やってたら睡眠薬盛られたり、カマドで人が焼け死んでいたりとかは些細な事です。

ルート分岐としては
グレーテルと石を拾って話を再現する、薔薇の枝を折る、ラプンツェルに好意的な返しをする、ジークフリートと名乗る
だいたいこんな感じでつみびと探しの画面に、つみびと探しに来たらルートに行きたい子を選んで終わり
何と簡単な攻略情報記事である

個別√の感想について

1、ゲルダマッマ
多分このルートだけでは僕が何故ゲルダにバブみを感じてしまったのかはまだわからないと思いますが
多分今までプレイした中で一番母親としての役割を与えられてるキャラだと思います。

ルートの内容は自分は ゲルダ でないゲルダに対して、偶然と言う形であれ雪の女王のシナリオをなぞって再現した話
そこで主人公がカイであるために、ゲルダはゲルダになると

シナリオに方向性を持たせたのは芋虫さん(仮)のシーン
簡単に言うとアリスが芋虫さん(仮)と性的な遊びをしている事を目撃して、楽園が異常な場所であると再認識したと

まぁアリスを無理に目覚めさせようとした結果、目覚めて首吊りするわけですが
ついでに主人公の心には鏡の欠片が刺さり、カイのようになる
聖書と順番が違って再現されている事に関しては聖書を入れ替えればいいで解決

凄く読みにくそう

さて、ここで原作の雪の女王についての話
シナリオは数多くの解釈がなされており、あるアニメの話では雪の女王とゲルダの声優が最初は違っていて
徐々に声を変えて行き最後は同じ声優になるってのがあるらしいので、一つはそのお話
死は永遠 これこそ現実を見据えた解答なのではないかと
アリスの死に意味はあったんや・・・

もう一つは永遠を表すパズルに愛と答える話
永遠は愛 お伽噺の綺麗な所だけをくみ取った考え方 そして氷の結晶のような規則的な形以外を認めないカイでは解けない
カイとゲルダの話の終わり方ですね。

ただ、これ雪の女王の登場人物としてはこれ以上に無いエンディングなのですが
楽園に居るのがお伽噺から出てきた人でなく、一人の生きている人間としてみると・・・?

このルートをプレイしたのが白鳥ペアの次と言う事もあり、原作の解釈のされ方によってエンディング作ってるんだなーと素直に感動した
雪の女王ってシンプルな割に面白い所がここだよね

続きはいつか書く
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://naporunrun.blog.fc2.com/tb.php/58-159450b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。