上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シナリオが短いと言われたり、あっぷりけとしては~
とかいろいろ言われていて、高評価をではなくまぁ普通くらいかな

との扱いをされているらしいこのゲームでしたが、個人的には満足でした。
そう感じたレビューを書いていこうと思います。

略称良く知らないんでうたかたと略して進行します。
最近はやりの立ち絵鑑賞機能こと、クソコラ機能
サノバの背景読み込み機能もなかなか面白い事だとは思うのですが、うたかたのいい所はコレです

ブログ1

表情、背景画像をわかりやすく持ってこれるのはとてもいい
素晴らしい

CG鑑賞画面も見たいキャラクターのシーンのみを表示出来るから、システム面ではかなりの高評価ですね
シナリオは良くて悪い事ないしね
ただ、音声読み上げ機能はエロゲをしながら、艦これを進めるためにあるので
シナリオを重視しているゲームで搭載するのは無駄だと思います。

本題入ります。

いつものフローチャートを使っているため、セーブしなくても何とかなる仕様
ただ、フラグメントは最後に読めばいい ではなくエピローグ以外は出来るだけ解放されたらすぐ読んだほうがいいかも
フラグメント読まなかったせいで本編の内容勘違いしたところもあるしね

自分が読んだ順番は雫、麗奈、涼子、汐音、桜花、グランドの順
お薦めの順番は涼子、雫、汐音、麗奈、桜花、グランド

ストーリーの進行は猫の里親を探す、学校の備品がなくなったなどの、フィクションだから
あり得ないことを考えるのが楽しいのではないかっ!
何て事はなく現実でもすぐに起こりうる些細な事、桜花からも無理に事件性を連想してはいけないと言われるしで

ここで眠いと感じたら個別の最後までこの路線で続くから辞めておいた方がいいと思います(

オカルトな要素は主人公の目と幽霊の存在
主人公の目に関しては便利な特技があるから、人助けをするきっかけとして使える
人の色は暖色が優しい人、寒色が冷静な人とかそんな程度の割り振りがあって、作中では特に重要ではないのかと
幽霊はもう、居てしまっているのだから仕方がない でいいんじゃ?
オカルト話なんだけど、オカルトを前面に押し出してる感は強くないから苦手な人でも大丈夫だと思われる

個別ルートに関しては
涼子が平坦な現実的な話
雫が一番オカルト話 個人的にはここが一番好きだからこそ、もう少し話を重くしてやってほしかった
麗奈と汐音が桜花の話への伏線

と言った感じで結局は桜花のためのゲームなんだから他が物足りないのは仕方がない
グランドも問題発生してから、解決までの流れが速すぎてあっさりボリューム
ボリュームに不満はあっても内容には満足と言うこの

あとは桜花ちゃんちょっと賢すぎて、プレイヤーが疑問に思う点を全部解説してしまうから、
2週目ちょっとやって疑問点解決しにいくかな~~~ なんて気持ちは無かった

特典小冊子のネタバレ覧をプレイ前に見たら、
もうプレイ中の楽しみは欠片も無くなると思う

いや、ホントまじで

だいたいこんな感じの感想ですかね
音楽、世界感、現実味のあるシナリオ、システム これが目玉でしょーか

75点くらい THE 普通だわ(
ちょっと桜花以外のキャラが弱かったり、え? これで終わり? みたいな区切りが良くなかったのかなぁ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://naporunrun.blog.fc2.com/tb.php/52-b9f28329
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。