上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏芽の回し方みたいなものをかいていこーと思いました。
思いつきです。

前もって書いておきますが、一般的な
Pルイ、バースデーケーキ のような型では出来ない動き
むしろやったら弱い動きではあると思うので、そこだけは許してもらえると・・・

夏芽自体の対応力の高さを活かして、どの相手にも勝てるチャンスを作る
汎用性を高めて、苦手と思えるデッキを出来るだけ少なくしています。
ただし、器用貧乏なのは間違いないのでパターンに相手を追い込むのが最優先かと。

少し長くなると思うので続きからでかきますの。
なつめ

公式サイトから持ってきたデッキレシピそのまんまで

ファイナルと言う事もあり、環境は狭く
マッチングしそうなエースの傾向を考えて、着替えを1枚刺しました。

着替えというカード自体が 刺されば強い
でも刺さらなかったら阿知華で切れるとはいえ、基本的には邪魔になりやすいです。
引いて弱いカードが増えるという事は、貧乏面を加速してるだけと
なので周辺がかなりのアイテム環境でもなければ、火力カードに差し替えるのがオススメ

とりあえず行動パターンのまとめでも書いておきます

1、先手の場合
マリガン基準はキャラ2枚とバトル1枚
ただし、この時点でのキャラに碧里、桜、千乃、紅 を含まない場合は変更しても問題ないです。
1ターン目は普通にキャラ2展開、逆用されないのが見えてるならバトル置いても大丈夫

2ターン目は
・キャラが3枚 バトルが4受け
殴らず展開してエンド
相手が下げ波状だと見えているのならば2展開

・キャラが2枚 バトルが4受け
相手の展開が遅いタイプのデッキであると思うのなら6殴りのキャラで2点与えて1展開エンド
そうでなければ2展開で1枚起こす

・それ以外のパターン
バックを貰わないように殴る(碧里が居れば) 桜しか居ないのならば1点くらのバックは許容で
キャラを2枚まで展開してエンド

2ターン目の裏に相手が殴ってきて、キャラを起こしてきた場合
3ターン目の前衛受けにはEXを開いても問題ないです。
むしろ最前線が無い場合以外はダウンを要求しておきます

ここでダウンを取れた場合、相手のコストを3コスト分
プラスで防御札を使ったハンド分のコスト差を作れます

これって疑似的に相手にキャラ事故起こした状態強要してるので弱い訳ない
この動きを決めるのが最優先になってるのが僕の夏芽だと思って大丈夫です。

この後相手に残される択は
・長続きさせたら負けるからぶっぱ
 通ったら負けるから、通らないように立ち回る

・盤面を立て直す(絆、またはダウンさせないように防御EX)
 これはやられたら正直かなり厳しいけど、3点回復しつつ交換したからトントン
 この後の立ち回り次第

・前衛で受けなくなる
 疑似キャラ事故状態を2体目までやられたらコスト差がつくのでエースで受け始める
 そのため、難癖を通しやすくなるからダメージ効率を稼げる

→そもそも最初から相手が前衛で受けなきゃいいじゃん

A.ごもっとも だから難癖を使って前衛で受けざるを得ない状況を作る

レッツゴリラ

2、後手の場合
・相手が2受けの場合
バック貰ってもいいから殴って2展開

・相手が3受けの場合
バック貰わなければ、殴って2展開
バック貰うのならば、殴らず3展開

後は先手とおなじでーす

重要なのは、相手が殴りたくなるようにゲームスピードをあげる事
相手が引き篭ったからこっちも引き篭るとして
確かに、一つ飛ばし自体のダメージカットは強いけど限度はあるから・・・

あと環境で見かけるエースの対処
・ミラー
相手に先にバトル置いてもらう
自分から置くときは、自分の盤面作ってから
一度盤面壊したら自然に崩壊してくれるはず

EX 絆or贈り物

・このか
打点ぶっこまれるから、適度に前衛を捧げて、相手の盤面タップとハンドを貰うように
幽閉と反論が大事になる試合
盤面壊したら、相手のハンドの量が減りやすくなる

EX 絆or贈り物

・ガイヤール
夕音をどう対処するかが全て
出来るだけ相手ターン中にタップさせて、幽閉を合わせたい所
喋らせるために前衛で受ける事が割と多くなりそう
バトルを借りやすいから比較的楽なほう
武当ては切ってはいけません

EX 絆or贈り物 たまにリフレク

・凪
無理
ワンチャンぶっぱで頑張って

・アイテムワントップ
先手取る←大前提
アイテムが付ききる前にワンパンダウン圏内まで持っていく
(相手が8打点出始めてから怪しい)

指圧でエースが死ぬこと多数だから、前衛起こしてダウンさせて絆が多くなる試合
あとは贈り物でダウン取って、相手にタップを多くして難癖

・波状
自分も相手と同じスピードで殴るか
盤面をしっかり作って、普通の夏芽のように振る舞うかの2択

相手がキャラを3枚以下で止めた場合、エースを無視して前衛から先にダウンを取っていくほうが守りも楽

多分このデッキが3年間の集大成だと思います。
実際デッキタイプが固定された半年くらいは方向性が何も変わってないし

何か気になる事があればツイッターでもコメントでよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://naporunrun.blog.fc2.com/tb.php/46-df56fd69
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。